​私たちについて

About us

_edited.png

2014年に任意団体を設立し、屋内体育施設でスポーツ振興に携わってきました。市の政策や事業展開により市民のスポーツ実施率は増加傾向にありますが、多くの市民が運動不足を感じている。スポーツを行いたいが気軽にできる場所・施設が少ない、などといったスポーツ振興に関する課題は少なくありません。(資料:スポーツに関する市民意識調査<平成27年、22年、15年>)高度経済成長期に多くの公共施設が建てられました。その半数以上が旧耐震基準の施設であり、老朽化が進んでいます。これらの大規模改修と建替の大きな波が訪れます。公共施設マネジメント計画では、原則新たな建物は建てない。建替は複合施設とする。施設総量(総床面積)を縮小すると明記されています。市の財政は厳しくなる一方です。 
そこで地域で活動する市民を集め、活動への支援を行い、活動できるスポーツ施設を活動する市民自らの手で作る必要があります。このような活動を行うに際して各種契約を結ぶ際、法人格が必要となります。また活動を広げていくために行政や関連団体、地域任意団体などと連携を深めていく必要がある観点から、社会的にも認められた公的な組織にしていくことが最良の策であると考えました。 
当団体の活動が営利目的ではなく、多くの市民の方々に参画していただくことが不可欠であるという点から、特定非営利活動法人格を取得するのが最適と考えました。法人化することによって、組織を発展、確立することができ、将来的にスポーツが大人と子ども、地域社会と住民をつなぐ接点となり地域の絆を築く取り組みや青少年の健全育成に関わる事業を展開することができるようになり、笑顔あふれるまちづくりに広く貢献できると考えます。 

 

沿革

      平成25年東日本大震災にて南相馬市での災害ボランティア活動に参加。

      日本中から集まるボランティアとの交流を通じてコミュニティの大切さを知る。

​        その時の経験がきっかけとなり

      翌年、たった一人でバドミントン団体FLYOVERを発足し現在に至る。

               <スポーツを通じた絆で、いざという時互いに助け合える共助社会の実現>


平成26年 10月 任意団体(FLYOVER 中級)発足 
平成30年 4月 任意団体(FLYOVER 初級)発足 
平成30年 4月 任意団体(FLYOVER 上級)発足 
令和  2年 3月 任意団体(FLYOVER初中級)発足

令和  2年   6月 任意団体(みらラボ)発足 
令和  2年 7月 設立総会開催

令和  2年   7月 任意団体(さいたまクロス)クロスミントン 発足

令和  2年   9月 任意団体(ダンスラボ)K-POPダンス教室 発足 
令和  2年 10月 法人設立(
10月15日)

         特定非営利活動法人スポーツみらいLab

令和  2年 10月 キャンプ部 発足

令和  3年   2月 さいたま市見沼区大和田町に事務所移転

令和  3年 3月 さいたま市見沼区市民活動ネットワークに登録

令和  3年 3月 フラワーデザイン体験 発足

​令和  3年 4月 バスケットボール部門(南葛FLYOVER)発足

令和  3年 5月 マリンスポーツ部門 発足

令和  3年 5月 モルック部門 発足 

令和  3年 7月 さいたま市ヘルスプラン21サポーターに登録(7月16日)

令和  3年 9月 さいたま市多目的広場管理運営団体として承認(9月16日)

         (管理広場 大和田第一きずなひろば)

​令和  3年 9月 7/F URAWA 発足

令和  3年 10月 埼玉県 総合型地域スポーツクラブ 登録

令和  3年 10月 地域包括支援センターとの連携を通し

                       100歳体操等の団体にクラブハウスを提供

令和  3年 10月 さいたま市 総合型地域スポーツクラブ 登録(10月4日)

令和  3年 11月 ラウンドネットsaitama 加盟